ザイロリック(痛風治療薬)の通販

海外医薬品について

痛風の原因

痛風の原因

痛風の原因は一体どんなものがあるか、また症状とそれにたいする有効な治療方法を紹介します。
痛風は風にあたるだけで痛いと表現され、発作的に症状がでる関節炎の病気です。
だいたい、足の親指の付け根に症状がでます。
痛風の人は30~50代の男性が多く、女性が発症することは非常にまれです。
なので、男性の病気といってもいいほどの病気です。
発作による痛みは数日間続き、発作が自然とおさまってきます。
発作の原因は高尿酸血症にあり、自覚症状が全くないので治療せずに放置の状態が続いている場合があります。
尿酸とは、身体の新陳代謝で発生する身体に不要となったもので、高尿酸血症はそれが増え過ぎている状態です。
溜まってくると結晶化してしまい、関節や腎臓に溜まり、発作を起こさせます。

まずは痛風の原因となっている高尿酸血症を治さないと、発作の再発や、様々な合併症がおこります。

他の生活習慣病を引き起こすことも

他の生活習慣病を引き起こすことも

生活習慣病は、おそろしい病気です、不規則な生活などが祟り、深刻な症状と長い治療期間、人によっては死ぬまで治療を続けていかなくてはならない病気です。
死の四重奏とも呼ばれていて、上体肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症などがあり、重なると死の危険がある病気となっています。
最近では高尿酸値血症も生活習慣病の一つといわれています。
痛風の症状が出ない場合でも、進行が進むと他の病気にもかかりやすくなるので早めの治療が必要となります。

治療をするならザイロリック

治療をするならザイロリック

治療薬はザイロリックという薬を使います。
ザイロリックとは痛風の治療に使われるくすりで、服用することによって痛みを緩和できます。
体内で作られてしまう尿酸をできにくくしてくれます。
一般的には、2~3ヶ月使用することによって薬の効果が発揮されます。
一度痛風になってしまうと大変ですが飲み続けなければなりません。
使用上の注意として服用を始めると一時的に発作が誘発される場合があるのでご注意ください。

お薬110番
このページの先頭へ