ザイロリック(痛風治療薬)の通販

海外医薬品について

痛風の歴史

もっとも古くから知られている病気の1つが「痛風」。
エジプトからは発掘されたミイラの関節からは、尿酸塩を見つけたとの報告もあり、紀元前では有名な医学の父ヒポクラテスが報告しています。
歴史の中で痛風に苦しめられた著名人は多く、マケドニアの王であるアレクサンダー大王や神聖ローマ帝国の皇帝カルロス5世、プロシア国王のフリードリヒ大王、ルイ14世、宗教改革のルター、清教徒革命のクロムウェル、芸術家であるミケランジェロ、レオナルド・ダビンチ、詩人ダンテ、文豪ゲーテ、物理学者のニュートンや生物学者であるダーウィンなどなど、亡くなった今でも著名な人達がこの痛風に苦しんでいたとされています。
少し余談ですが、白亜紀に棲息していたとされる肉食の恐竜ティラノサウルスは痛風を患っていたという報告もあります。
化石の発掘から尿酸塩に浸食されていた跡が見つかっているそうです。

日本に痛風の人はいなかった!

一方、日本での痛風のは明治以前まではないとされてきた病気でした。
時代は遡り、安土桃山時代に日本に訪れていたとされるポルトガルの宣教師フロイスは日本には痛風がないことを記しており、明治のはじめにもドイツの医師ベルツが日本に痛風がないことを記録しています。
日本の歴史上で痛風が現れるようになってのは明治に入ってからのことで、実際に増加しはじめたのは戦後の1960年代に入ってからのことになります。

増加する痛風患者

現在、国内には予備軍を含めると300万人を起こすとも言われています。
日本以外のアジアの国々でも痛風を発症する人は急増しているとされ、台湾は以前よりも痛風の報告が多いと言われています。
またポリネシア諸国では遺伝の関係からもともと痛風を患っている人が非常に多いです。
中国でも都市開発が進んでいる沿岸部では患者数が急増し、東南アジア、、インドなどでも増加の傾向にあります。
アジアに患者数が増えているのは、食生活の内容が変化したことが大きいと言われています。
飽食とされる現代では食べ物があふれかえっている状態です。
昔に比べ栄養事情が格段と良くなってきています。
それに伴い食事の内容も欧米化が進み、動物性のタンパク質が増えたことなども患者数増加の要因となっていると言われています。
また肥満なども関係しているとされているので、これも1つの要因であることに注意する必要があります。

お薬110番
このページの先頭へ