ザイロリック(痛風治療薬)の通販

海外医薬品について

痛風対策の食事法やサプリ

日本では痛風は贅沢病と言われていました。それは何故なのか。栄養価の高い食材や一般庶民が中々口に出来ないようなものを食べ過ぎることでかかる病気の為、贅沢病と呼ばれるようになりました。食事が欧米化していくことにより高カロリーな食材を食べることでプリン体を多く摂取してしまい、痛風へのリスクが高まっています。
また最近では極度のストレスを感じる方や肥満体系、中年男性だけでなく若い男女にも増えていると言われています。
ではいったいどのように予防すれば良いのでしょうか。

尿酸値をあげるのはプリン体

からだの中に尿酸は、約800~1000mgあります。
核酸が変化することで、あるいはプリン体が生合成することで700mgの尿酸は生成されています。
対して食事からによるプリン体の摂取は約300~400mgだとされ、痛風の対策にもっとも効果的なのは、からだの中での生成を抑えることになります。
しかし尿酸は性質上、水に溶けにくく、さらに排泄量も多くはないので食事を制限してプリン体を制限することも大切です。
ちなみにプリン体は、からだの中で分解されることで尿酸になります。
なので、尿酸値の高い人はプリン体が含まれる食事を控えるべきです。

<プリン体を減らす工夫>

プリン体はレバーやあん肝、白子、牛肉(ヒレやロース)、海老やかにみそなどの動物性の食品に多く含まれています。
とくに気をつける必要がある食品が魚の内蔵です。
なかでもイワシは多くのプリン体を含んでいます。
内蔵を取除いて調理するだけでも良いですが、実はイワシは色々な食事で活躍しています。
目刺し、煮干し、しらす干し、ちりめんじゃこ、アンチョビなども同じイワシです。
またアルコールのおつまみとしても、丸干しやみりん干しなどとして食べられてます。
だしとなる「煮干し」は多く使われるので、これには特に気を付けて下さい。

肉類や魚類を一切食べないことも可能ですが、精神的にもストレスになります。
そこで少し工夫すれば、プリン体を抑えて摂取することができます。
プリン体は水溶性の成分になるので、煮干しなどを使っただし汁にはプリン体が溶け出します。
同様に肉や魚を茹でた際には、汁を捨てることでプリン体を減らす事が出来ます。
また、豚骨や鶏ガラを使ったラーメンやスープには、汁の中に多くのプリン体が含まれているので摂取するのは控えなければなりません。

<サプリメントを使う>

カリウム、葉酸などの成分は、からだの中に溜った尿酸やプリン体の排泄を促す効果があります。
他にはアンセリンが、活性酵素を抑える働きがある成分になるので、その効果で尿酸の結晶によって関節が傷ついてしまうことを防ぐことができます。
からだに有効な分を食事だけから摂取するのは難しいので、食生活を改善しつつ紹介した成分のサプリメントの使用で不足した有効成分を補うことが出来るはずです。

服用にあたっての注意

ザイロリックを服用しているからと言って生活習慣を改善しなければあまり意味がありません。
確かに尿酸をできにくくする薬ではありますが、偏った食事やアルコール、運動不足、ストレスなどで尿酸値が上昇すれば、尿酸値が抑えられないこともあります。

完全に肉やビールをとらないということではなく、ほどほどにして野菜など体に良いものを摂取するだけでも少し改善されます。
また肥満である場合は少しずつ減量することを心掛けてください。
急に運動をすると発作が起こりやすいのでウォーキングなどの軽めの運動にしましょう。

ザイロリックの副作用

飲み始めに痛風の発作を引き起こすことがあります。
尿酸の結晶を溶かし関節から排出させるために起こるので、排出が終われば発作もおさまります。

重い副作用としてまれにみられるのが
・皮膚障害・・・発疹、水ぶくれ、ただれ
・倦怠感、のどの痛み、発熱などの風邪のような症状
・肝臓・腎臓などの重たい症状
・アナフィラキシーショックによる、吐き気、めまいなど

腎臓病を患っている人や高齢者は特に注意が必要です。
これらの症状はめったにはありませんが、もし治療開始後に見られた場合は医師に相談してください。

お薬110番
このページの先頭へ